パーマヘアとヘアパック

まず、パーマヘアの時の髪の労わり方ですが、シャンプー選びから考えた方が良いですね。洗浄力の高いシャンプーと言うのは見た目の泡立ちはいいですが、髪の毛の水分とか油分がそれだけ失われやすくできていますから、パーマヘアの場合にはシャンプーは「ダメージヘア用」を選ぶとよいですね。パーマをかけている時点で水分や油分だけではなくタンパク質も流れ出てしまいやすい髪質になっていますからね。ですからその流出を防いだりタンパク質を補うために、毎日ヘアパックを使って髪の毛の健康を守ることが大切ですね。そのヘアパックの使い方もダダ付けるだけではなくて、蒸しタオルを利用して、全ての髪の毛を包み込んで5分から10分程度待ちます。こうすることで、美容室でヘアパックをしてもらうのと等しいぐらいの効果が得られるはずです。パーマをかけている、と言う事はそれだけで髪が傷んでいる、という認識でいた方が良いですね。蒲田 美容室でヘアパックを施した後は、自然乾燥ではなく、なるべく早くドライヤーで乾かしましょう。その時にはドライヤーの温度は高温ではなくて、低めの温度を選びましょう。パーマヘアの場合にはブラッシングも静電気の元になりますから、できるだけ手ぐしで整えるように心がけるといいです。