美容師にも都合がある

美容師にも都合がある

常連として同じ美容室に通い続けていて、もはや他の美容室や美容師の事など考えもしない状況になっているお客さんも多いものです。ですがお客さんの変わらぬ思いとは別に、美容師の方には事情があります。美容師がお客さんと良い関係を保つのはあくまでも仕事の上です。もちろんそのお客さんに対する思いはあるでしょう。ですが自分のスキルアップ、美容室の利益、などお客さんとは別の所で、色々な事を考えたり悩んだり決断しなくてはならない存在です。ですから知らないうちに美容師がそのお店を離れて独立を考えている、と言うような事は良くあることなんですね。そしてそれはその美容師にとっては喜ばしい事であり、人生においてはとても重大な時期でもあります。ですから一人の常連さんのためにその思いを成し遂げられなくなるのはあってはならない、と言えるかもしれません。常連さんとは言え独立を考えている、と言う事を最初から話したりすることはおそらくないでしょう。むしろそういう話を今お世話になっているお店の中でする事はルール違反でもあります。ですからお客さん側からすれば、ある日突然信頼していた美容師から「実は・・・」と聞かされることになってしまうんですね。常連のお客さんが困惑するのも無理はありません。

 

お客さんの決断

 

自分が信頼していた美容師がその美容室を辞めて「独立する」と聞いた時には、ほんとうに驚くことになると思います。ですが驚いてばかりはいられません。これまでお世話になっていた美容師がその美容室からいなくなるのです。では、どうしたらよいのか?と言う事がお客さんにとっては問題となります。選択肢としてはその美容室に通い続け他の美容師を指名する、もしくはその美容室にはお目当ての美容師がいなくなるのだから別の美容室へ行く、もしくは独立する美容師が開業するもしくは転職する美容室へ行くことにする、といった選択が出来るでしょう。多くの場合お客さんが考えているのは「美容室で選ぶ」のではなく「美容師で選ぶ」と言う事です。同じ美容室に留まり続けても、自分に合う美容師が他にいるかどうかは解りません。一番受け入れやすいのはそれまでお世話になっていた美容師についていくことかもしれません。ですが美容師にとっては自分が移動する前にお客さんを引き抜く事はルール違反でもあります。あからさまに「来てください」と言う美容師も時にはいるようですが、「辞めます」という連絡をくれるにとどまる美容師も多い事でしょう。新しい勤務先はどんな美容室なのか、そこでその美容師はどういう働きをするのか、お客さんは全く知らないままその美容室へいってみる、というのは結構な冒険かもしれませんね。

 

美容院・美容室の予約はこちら

 

予約するならお早目に⇒辻堂で人気の美容院

辻堂にある美容院

予約するならお早めに⇒宇都宮で人気の美容院

宇都宮にある美容院

予約するならお早目に⇒笹塚にある美容院

笹塚にある美容院