グループ経営の美容室は安泰なのか

グループ経営の美容室は安泰なのか

美容室経営において失敗して閉店に追い込まれていくのは多くは個人で経営している様な小規模な美容室である、と言う先入観を持っている人も多いのではないでしょうか。ですがそうとばかりは言えないようです。実際には企業型で手広く多くの店舗を経営している様な美容室でも、その中で上手く経営が軌道に乗る店舗も有ればそれが出来ない店舗もある様です。それは店長の責任というばかりではないようです。そういう所の店長はいくら店長とはいえ、経営の主な事はほとんどがトップの経営陣が決めるんですね。経営陣にとっては全ての店舗が儲からなくてもトータル的にその会社が儲かっていればよい訳です。逆にその為なら閉店してもらいたい、とすら考える店舗も出てくるわけです。どんなに店長にアイディアがあっても、人を見る目を持ちあわせていても、スタッフから信頼されていても、本部や企業トップの意向に沿う経営しか出来ないという悲しい現状があるようです。独立したい、店長になりたい、と思って頑張ってきた人であっても、そのような実状を目の当たりにすると雇われていた時の方が良かった、と思い直す店長もいるようですね。独立を考える時には、企業型の美容室なら安泰、という考え方はしない方が良さそうです。

 

なぜ美容室は乱立するのか

 

美容室は余るほどの件数が存在する、と言われていますが、そもそもどうしてそんなに美容室の件数が増えるのでしょうか。その一つには美容室や理容室と言うのは、飲食店などと比べると、初期にかかる費用が少ない、という事があるようです。どんなに飲食店で頑張って独立するだけの技術を身に着けたとしても、自分の店を構えるにはかなりハードルが高いんですね。それにくらべて美容室と言うのは、かなり簡単に開業できるようなんです。ですから「自分だって独立できる」と思う美容師は少なくないんですね。また雇われているときと言うのは、美容師はかなりの激務だと言われています。そこから抜け出して、自分なりの理想の城を築こう、という気持ちは技術のある美容師なら、一度は思う事なんですね。つまり「独立を目指しやすい業界である」と言っても良いでしょう。その結果たくさんの美容室がオープンする事になり、いわゆる激戦区と呼ばれるような地域も出来てしまうわけです。そうなってくるとすべての美容室がうまく経営していけるわけではなくなります。競争率が高くなるからですよね。そこで成功して経営を軌道に乗せる事の出来る「勝ち組」と経営難に陥いていく「負け組」とに分かれてしまう、という現象が起きてくる様ですね。

 

お気に入りのサロンが見つかる

 

ユーザー満足度が高い奈良の美容院

奈良の美容院

激戦区池袋の人気美容院

池袋西口にある美容院

目白で話題の美容院

目白にある美容院