ホームページはネット上のお店

ホームページはネット上のお店

ホームページを持つ、と言う事は実際の店舗と同時にネット上にも店舗を持ったと言う感覚でいる事が大切だと思います。たとえば実際の店舗では「今日はお客さんが何人来た」「こんなオーダーが多かった」「こういう失敗をした」「明日はここを改善した方が良い」と言うような振り返り、反省、分析、改善、といった事を毎日行うと思うのです。そうやって段々集客が増える様に、リピート率が上がるようにしていくんですよね。ホームページも同じで、作っておいて放置しているのでは、美容室をオープンさせておいて、ひたすら黙ってお客さんが来るのを待っているのと同じです。ホームページ上でも「閲覧者は何人か」「どのページから飛んできた人か」「どのページへ移動したか」「閲覧数は予約数に結びついているか」と言った事を毎日チェックして、改善すべきところは改善していかなくてはなりません。ホームページを作る目的はどの美容室でも集客に違いありません。その目的が達成されるまではけっして目を離す事が無いようにするべきだと思うんですね。店舗同じで毎日なんとなく営業しているのでは、お客さんの人数も売り上げも伸びないと思われます。せっかく開設したホームページであれば、そこまで活用してこそ意味があると思いますね。

 

分析

 

美容室のホームページを立ち上げるお店は多いと思いますが、肝心なのはどのようなホームページを作るか、と言う事と同時に、いかにそのホームページを管理するか、と言う事だと思うんですね。そう言われると「定期的に更新する事が大切」と思うかもしれませんが、それと同時にいかにこのこのホームページがどの様に役だっているか、どのぐらい集客効果をもたらしているか、と言う事を分析する事も大切だと思うのです。たとえばこのページを訪れた人はどういう経緯でこのホームページにたどり着いたのか、どういうワードで検索されたのか、と言った事を分析すれば、どんな人がどのような状況でこの美容室を探し当てたか、が解ります。それを分析する事で、さらに閲覧者を増やすように改善する事も出来るかもしれません。またそのページを閲覧した人数と、実際に予約が入った数を比較してみるのも大切でしょう。もしも閲覧はかなり多いのに、実際の予約はそれに比べてかなり少ない、と言う事になれば、そのホームページを見てもすぐに予約しようと思うほど魅力を感じてもらえていなかった、と言う事になります。そうなるとそのホームページが予約に結び付くようにするためにはどうしらたよいか、と言う事を考える必要が出てきます。更新をまめに行うだけでは集客には結びつかないかもしれませんね。

 

おすすめ店舗

 

能見台にあるおすすめ美容院

能見台にある美容院

調布にあるおすすめ美容院

調布にある美容院

蒲田にあるおすすめ美容院

蒲田にある美容院