勘違いしやすい休日の表記

勘違いしやすい休日の表記

美容室で働くにあたって、土日祝日を休みにしたい、というのは無理な話ですね。ほとんどの美容室では土日祝日は営業しており、その代わり月曜や火曜日を手級日としている美容室が殆どです。最近はサービス業に従事している人が多いので、かつてよりも土日が休みではない、と言う事に抵抗が少なくなってきているように思いますが、それでも少し羨ましく思う事もあるかもしれませんね。ですが当然ながら土日祝日と働く限りはそれに代わる休日も有るはずです。そこで良く見なくてはならないのが求人情報に掲載されている休日の表記です。そこで良く勘違いされるのが「週休二日」と言う表記と「完全週休二日」という表記です。週休二日、という文字を見たら単純に「週に二日は休む事が出来る」と思ってしまいがちなのですが、正しくはひと月の間に週に二日休む事が出来る週が一度はある、という意味なんですね。つまり第一週目は二日休む事が出来たとしてもそれ以降の週は週に一度しか休みが無いかもしれないのです。それに対して完全週休二日、というのは必ず週に二日は休みがある、と言う事になり、実質こちらの様が休日の日数が多い、と考えられます。週休二日、という言葉に惑わされないで良く条件を見た方がよいですね。

 

特別休暇はあるか

 

美容室は一般的に福利厚生があまり良くない美容室が多い、と言われています。そんな中で一つの目安となるのは「特別休暇」と呼ばれている休暇があるかどうか、と言う事ですね。特別休暇とは、その美容室が独自に従業員のために「休んでも良い」と定めている休日の事なんですね。たとえば「病気休暇」というのは病気で休むときには病気休暇と言う扱いにできます。女性が多い職場であれば生理休暇を設けている所もありますね。こういった体調の悪い時に休暇がとれるかどうか、というのはとても大きいと思うのです。休みたくても無理をして働かなくてはならない環境にあると、だんだんと心が荒んでくるものです。きちんと体調が悪い時には休む事が出来る環境にあるかどうか、と言う事は長く働くことができるかどうかにも関わってくると思われます。ですが求人情報には確かに特別休暇があるように書かれていても、実際に働いてみると、そういった休暇を申請して取っている人はほとんどいない、と言うのも良くある話です。暗黙の了解で「その程度の事で休暇を取ってはいけない」と言う分に気になっている美容室も良くあります。その有の事は事前に何らかの情報を得ておく方が良いのですが、なかなか難しいかもしれませんね。

 

特集サロン3選

 

パーマが口コミで人気の府中美容室

美容室 ヘアサロン 府中 カット カラー パーマ 人気 口コミ

カラーが安くて人気の栄美容室

美容室 ヘアサロン 栄 カット カラー パーマ 人気 安い

パーマが予約で人気の二子玉川にある美容室

美容室 ヘアサロン 二子玉川 カット カラー パーマ 人気 予約