お客さんを最大の味方につける

お客さんを最大の味方につける

美容室はお客さんが来なければ成り立たない場所です。ですから最大の味方はお客さんであることを常に意識しておくことが大切でしょう。良い事も悪い事もお客さんと共にあるものです。たとえば経営が悪化してきている最中にそれでも来店してくれる常連のお客さんというのはとても大切なお客さんである、と認識するべきでしょう。美容師もお客さんも人である以上、お互いに「情」というものがあります。お客さんの中には敏感に「最近お客さんが少ないな」と感じる人もいるはずです。むしろお客さんの方が客観的な視点でお店の事を見ているかもしれません。長年自分が通い続けてきた美容室の状況が悪いのはお客さんとしても寂しい思いになることでしょう。そこで「この美容室はもうだめだ、次を探そう」とそのお客さんが思うか、それとも「なんとかしてあげたい、誰か友達を連れてこようかな」と思うかは、それまでの美容室とそのお客さんとの信頼関係によるところだと思います。日頃から常連さんを大切にしている美容室であれば、そういう時に助けてくれるのもまた常連さんなのではないでしょうか。お客さんを最大の味方である、と認識でいているかどうか、という所がピンチになった時の美容室の今後を左右するような気がしますね。

 

上手くいっている時のチェック

 

美容室の経営が悪化する、という時には開店して以来ずっと赤字が続いている、というケースもあるかもしれませんが、一方では上手くいっていたのに最近悪化してきた、という事もありますよね。そういうケースで回復を目指すには「上手くいった時にはどうだったのか」と言う事が把握できるかどうか、という事も大きいと思うのです。「なぜ悪くなったのか」と言う事にばかり意識が行ってしまうと思うのですが逆に「なぜ上手くいっているのか」という事は上手くいっている時には意識をしないものです。ですがそこで「上手くいっている理由」というのを記録しておくと、上手くいかなくなった時に役立つと思います。上手くいっていた時期と比べて何が違っているのか、という事をすぐに知ることができるからです。たとえばスタッフの人数が違う、という解りやすい事もあるかもしれませんし、細かいところでは使うヘアケア剤の業者を変えた、という事もあるかもしれません。ですから上手くいっている時もそうでもない時も色々な事を記録しておくことはとても大切だと思うんですね。その記録を分析して常に「なぜ上手くいっているのか」「なぜ上手くいかなくなったのか」と言う事に対して意識を働かせておくことで最悪な状態になることを事前に防ぐことができるでしょう。

 

お気に入りのサロンが見つかる

 

川口の美容室をお気に入りにしよう

川口にある美容室

大宮にある美容室をお気に入りにしよう

大宮にある美容室

城南にある美容院をお気に入りにしよう

城南にある美容院