新人美容師への投資

新人美容師への投資

新人の美容師を雇い入れる、と言う事は、当然ですが新人であろうがなかろうが給料が発生する事になります。つまり美容室側にとっては経費が掛かる訳です。即戦力となる美容師を雇った時には、その美容師はすぐにその美容室に利益をもたらしてくれる事でしょう。ですが新人の美容師の場合にはそうはいきません。それどころか練習や教育には時間もかかりますし、そのための教育係や指導者も必要に位なります。そう言った事を考えると新人に支払う給料と言うのは、決してその新人がもたらした利益からはまかなえないんですね。つまりその新人に対する未来への投資、と言う事になるのではないでしょうか。その子に投資しても良いか、と言う事を採用面接で見極め、覚悟を持ってその新人を採用しなくてはならない、ということですよね。そしてその事を入店した新人は肝に銘じておかなくてはならない、と思うのです。自分の今はまだまだお店の役には立っていないし利益をもたらす立場でもない。それでも給料がもらえるのは、いつか必ずお店に利益をもたらす重要な存在となるにちがいない、と期待されているからなのだ、と言う事を意識しておきたいものです。そう思っているかどうかで、先輩方への感謝の念や仕事へのモチベーションも随分と違ってくると思います。

 

新卒を雇い入れると

 

新卒を美容室に雇い入れる、と言う事は美容室にとってはそれなりの覚悟が必要だと思います。それは新卒というのは戦力になることとはほど遠い存在だからです。もちろん将来的には戦力になってくれる事を期待して採用している訳ですから悲観的になっている訳ではありません。ですが当面その新人が戦力になるまでは、教育する人材も必要ですし、練習に付き合ったり指導する時間も必要となります。それは当然既存のスタッフの仕事となる訳ですから、新人教育の仕事が増える、と言う事になる訳です。また新人は営業時間中はアシスタントとしてお店に出て雑用をする事がほとんどです。先輩方の手伝いをするわけですが、それも最初のうちは要領を得ないので、むしろお店全体としては仕事効率が悪くなる事も十分に考えられます。そういったデメリットを覚悟してでもその新人を雇い入れると言う事は、いかにその新人に対して将来を期待しているか、と言う事になりますね。入店したみなさんは、そうやって先輩方が自分のために時間を割いて育てくださっている、と言う事を肝に銘じておかなくてはならないでしょう。指導が厳しい事もあるでしょうし、雑用が辛い事もあるかもしれません。ですが実際に大変なのは先輩方も同じなんですよね。

 

今年のトレンドサロン

 

2019年のトレンドサロン→菊川

菊川にある美容室

2019年のトレンドサロン→立川

立川にある美容室

2019年のトレンドサロン→大森

大森にある美容室